わがままな海外旅行の予約はネットで

暦の関係で年末年始の休暇が9日になる人が多いため、 海外旅行が人気らしい。 また、今年はハッピーマンデー法(改正祝日法) などにより3連休が多かったことから旅行に出かけた人も多いだろう。
ところで、海外旅行の際にはどうやって予約をしているだろうか? 旅行代理店に行けばさまざまなツアーのパンフレットがあるので、
そこから選ぶのもいいが、 一人で旅行したい場合や直前に予約するといった、
わがままな希望をなるべく安く実現するにはどうしたらいいだろう。

複雑な販売システム

同じエコノミーの席でも価格が異なるチケット何種類もある。これは、 払い戻しや日付の変更などの制約によって異なり、高いチケットほど
制約は少なく、 航空会社が直接販売する正規割引料金(PEXと呼ばれる) や普通運賃のチケットは各社のWebサイト、
あるいは各社共通のサイトから予約できる。
ただし、この予約も出発間際では購入できなかったり、 直行便がない都市へのチケットの予約はできない、難しいことに加えて、
国内線ではWebサイトから空席の確認ができるのに、国際線ではできない。

航空券やホテル、レンタカーなどの予約システムについては CRS(Central Reservation
System)とよばれるオンラインのシステムがあるため、 基本的にどの旅行代理店でも同じ情報が見られる。
現在では、一般のユーザでもアクセスできるサイトがいくつかあるため (例えば、 e-tour
American Express Travelocity )、
予約する際に利用すると便利だ。 ただし、 航空券の発券が必要なため日本国内からでは直接予約できないことが多い。 なお、
9.11テロ以前は国内線同様予約番号とクレジットカードだけでチェックインできたが、
本人確認のため発券が必要になり不便になってしまったのが残念だ。

ホテルもほぼ同じようにネットから予約できる。 クレジットカードさえあれば、日本からでも利用可能だ。 (上記以外には
ISIZE Expediaなどがある) Hilton, Hyattなどの大手ホテルチェーンは、
世界各地のホテルを予約できるサイトがあるので、そちらを使うのが便利だ。 説明がほとんど英語なので、
予約する場合にはデポジットやキャンセル料には十分注意したい。

実際に検索してみればわかるが、 航空券もホテルの値段も定価はあるがほとんど参考にならないことがわかる。
また、日本とは異なりホテルも航空券も週末に安くなることが多い。

新たな販売方法は?

単なるオンラインシステムでの予約と変わらないのでは 旅行代理店にお願いしてもいいと思うかもしれない。
インターネットならではの販売方法はないのだろうか?

たとえば、 旅行者が行き先やホテル、予算などを決めておくと、 各旅行代理店が入札していき最安値のもので落札されるという
逆オークションサイトが有名だ。

メールマガジンにメンバー登録をしておくと、 出発直前のチケットを格安で購入できるという案内を提供する旅行代理店もある。
出発日時や人数に制限があるので購入できる人も限られているかもしれない。

また、米eBayなどのインターネットオークションサイトは、 直前の宿泊分を出品したり、
団体割引の宿泊を提供する会社やレンタカー会社と提携して、 お互いの販売量を増やしている。 日本でも高級ホテルのみを対象にしたオークションサイトがある。

旅行代理店はもっと頑張れ

アメリカではネットから予約すると安くなることもあり非常に一般的だし、
経営の厳しいアメリカ系航空会社は販売手数料を削減するというニュースもあり、 新たなビジネスモデルが必要になっている。
このようにネットを使うと、 わがままな希望に合わせた予約ができるようになりつつはあるが、
やはり手間がかかるし、好きな人以外には楽しい作業ではないかもしれない。 こうした手間を省くための旅行代理店であり、
現在ネットでも実現できていること(安い、直前でも予約できるなど) 以上のことができてこそ、
サービスの対価として旅行者から手数料をもらえるようになるのではないだろうか。