すべての時計を合わせたい!

パソコンに限らず、身の回りの多くの機器には時計機能がついている。残念なことに、それらの時計がすべて同じ時刻を表示していることはまず無い。時が経つにつれて、あるものは遅れ、またあるものは進んで、その差はどんどん広がってゆく。これらの時計を自動的に合わせる手段はないものだろうか?

パソコンの時計が狂っていると…

最近「ホームページの更新ができなくなった」という相談を受けた。特定のファイルだけ、どうしてもサーバに送られない。調べてみると、ファイルの日付が1年前のものになっていた。パソコンの時計が丸1年狂っていたわけだ。

1年も狂うというのはさすがに誰かが設定を間違えたのだろう。しかしなぜ気がつかなかったか。

たとえば Windows 98
のタスクバーに「時計を表示」することができる。しかし通常は時刻(時・分)しか表示されない。年を表示するためには、時刻表示の上にマウスカーソルを合わせる必要がある。カレンダーを表示すれば曜日が違っているから気がつくはずだが、スケジューラなどを使っていなければカレンダーを表示する機会もないだろう。

インターネットの時計合わせは簡単

インターネットにつながっているパソコンなら、時計を合わせるの簡単だ。NTP (Network Time
Protocol)
という時計合わせのプロトコルがあるので、正確な時刻をいつでも引き出せる。

時計メーカの Swatch 社が考案したインターネット・タイム(Internet
Time)
というものもある。インターネットのボーダレス性を強調したスローガン(No Time Zones, No
Geographical Borders)
を推進すべく、ビート(beat)という時刻単位(記号は@)を提唱した。秒単位では1日86,400秒だが、ビート単位では 1000
ビートになる。時刻は全世界共通でSwatch 社のあるスイス北西部ビール(Biel)を標準時にしている。たとえば @500 はビールの
12:00、東京の 20:00 頃になる。

インターネット・タイムは、今のところはパソコンのデスクトップに表示したり、ホームページに表示する機能しかない。そのうち時計合わせにも使えるようになるかもしれないが、1
ビートは約1分26秒なのでかなり大雑把だ。

パソコン以外はどうするか

では、目覚まし時計やビデオデッキの時計はどうやって合わせよう。普通はテレビの時報や NTT の 117
を聴いて手動で合わせるが、自動補正機能の付いた機器もある。

その代表例が「電波時計」を活用したもの。電波時計は、郵政省通信総合研究所が提供している標準電波を使って時刻合わせをする時計だ。今年の時の記念日(6月10日)に電波の到達範囲が大幅に広がったため、日本中どこでも利用可能になった。

テレビやラジオの時報を使って時刻合わせをする製品もある。VTR
の予約録画のためには時計が正確であることが求められるので、自動的に合ってくれればとてもうれしい。

すべての時計を合わせるために

パソコンや時計、テレビやVTRの時計の合わせる方法はわかった。それでは、その他の家電製品(電子レンジや炊飯器など)はどうしたらいいのだろう。時刻合わせのためだけに、インターネットに接続したりテレビのアンテナを取り付けることはありえない。

そこで期待したいのがホームネットワークである。さまざまな取り組みが行われているが、うちの一つである HomeAPI
では「新しいケーブルの要らない(No new
wire)ネットワーク」を提唱しており、電力線の利用も含まれている。これならば炊飯器もネットワークに参加できそうだ。あとはインターネットで時刻合わせをしたパソコンなどに合わせるだけだ。